blog 2011年

段ボールでおうち作り

 

4才から小学5年生までの年齢差があるみんなが力をあわせてどんなものを作ってくれるのでしょうか。子どもたちが作ったおうちを紹介します。

 

続きを読む 0 コメント

侑胤の写生 「川の木、こんなん絵になるんかな」

 

日展制作にかかる前、夏の川岸に生えるどうしようもないような木々を描いていました。

次行ったときには河は明るくすっきりした印象になっているなんていうことがしばしばおこる、ちょっとよそ見すればいつの間にか切り倒されてしまうような木です。

一本の木が凛と立つかっこいいものではなく、葉っぱだけの植物やら、ゴミやらが絡みついてごちゃごちゃです。なんでこんなもん描いてるんや、とおもうのですが、川の光と木のシルエットがとてもきれいに感じたのです。

 

4号程度の小さな写生です。

画材は木炭、水彩絵の具、クレパスを使いました。

続きを読む 0 コメント

Yちゃんが私の腕に絵の具を塗らなかった日。

 

Yちゃんは小学1年生の女の子。

お絵描きの日は「行く」と言ってくれるそうです。

すっかり仲良くなったYちゃんと私(侑胤)

 

ある夏の日、Yちゃんに変化がありました。

続きを読む 0 コメント

安井幼稚園年長さん「消防車の作品たち」

 

毎年恒例、避難訓練のあと消防車を描きました。

園にとまっていてくれる消防車を観察して興味を持ったことを中心に描いていきます。

 

子どもたちの描いた作品をご覧ください。

 

エリック・カールのはらぺこあおむしにも似た消防車ですね。

 

 

続きを読む 2 コメント

安井幼稚園年少さん 「ながし絵、とはいいがたい作品たち」

 

子どもたちに技法を伝授してそれで終わりというだけではどうにも物足りません。この子たちがどんな絵を描いてくれるのかに私は興味があります。だから技法は技法として楽しめばいいし、そこからどこへ飛んでいこうがその子の気分のおもむくままを私は見ていたいとおもっています。

そんな私が受け持つ絵画指導で生まれた作品をご覧ください。

続きを読む 2 コメント