安井幼稚園 絵画指導

 

感性豊かな子どもに育ってほしいと願う安井幼稚園

絵を描くことを好きになってほしいと願うゆう美術研究所。

「枠にとらわれない発想で絵を描こう」という共通理念のもと、当研究所は保育の一環として2006年9月より絵画指導の構成と指導を担当しております。


 

安井幼稚園 のモットーに


      <園児が自分で感じたことを表現し、考えて行動し、たくましく育つように>


というフレーズがあります。

私たちは、子どもたちが<自分で感じる>こと、そしてその感じたことを<伝える>ところまでを絵を描くことの目的と捉えています。一般にいう「うまく描くこと」を目的とはしておりません。その子が何を見、何を感じたのか、 子どもたちが描いた絵を前にして子どもと大人が向き合い、そこから生まれる会話を大切にしているのです。

子どもたちの想いが他者に伝わったとき、子どもたちにとっての自信となるのです。

私たちは、そんなひとつひとつの小さな感動を大切にしていきたいのです。


 

 

 

 

 

 

ひと筆ひと筆一生懸命。

子どもたちの真剣な表情に感動させられます。

 

 

 

 

 

 

先生は子どもたちの言葉に耳を傾けます。

教えようとするより子どもたちの想いを受けとめます。

 

 

 

 

 

 

絵の具を自由に使って子どもたちの元気が揮きます。

 

 

 

 

 

みんなのびのび描いてくれます。

園に行くたびに子どもたちのエネルギーに圧倒されます。

 

 

 

 

 

安井幼稚園絵画指導の様子や子どもたちの元気な作品をブログで紹介しています。


top